VANILLASKY - Hanabi (花火) Lyrics

VANILLASKY - Hanabi (花火) Lyrics

Singer : VANILLASKY
Release Date : 22 December 2010

舞い上がれ夜空に
いつまでも二人を照らして

Maiagare yozora ni
itsu made mo futari o terashite

この宿命(ほし)にうまれて君と出会って
まるで運命みたいに恋におちた
何度もキスをして
壊れるほど抱き合って
永遠を誓ったあの日

kono hoshi ni umarete kimi to deatte
marude unmei mitai ni koi ni ochita
nan-do mo kisu o shite
kowareru hodo dakiatte
eien o chikatta ano hi

走り出す君 花火の音 子供みたいに
「この場所が 見えるよ」と嬉しそうに
でも何故だろう
今思えばあの時
空を見上げる横顔が大人に見えてた…

hashiridasu kimi hanabi no oto kodomo mitai ni
“kono basho ga mieru yo” to ureshi sō ni
demo nazedarou
ima omoeba ano toki
sora o miageru yokogao ga otona ni mie teta…

もうどれだけの時間を刻んだのだろう…
まぶたの裏に描かれた君の笑顔
白い浴衣の裾
泥だらけになって
無邪気に手を引いて

mō dore dake no toki o kizanda nodarou…
mabuta no ura ni egaka reta kimi no egao
shiroi yukata no suso
doro darake ni natte
mujaki ni te o hiite

甘く香る君の香り
唇に残るこの温もり
何気なく過ごした日々の中に
置き去りのままの『愛の形 』

amaku kaoru kimi no kaori
kuchibiru ni nokoru kono nukumori
nanigenaku sugoshita hibi no naka ni
okizari no mama no “ai no katachi”

夜空に咲いた一輪の花は
今でも二人を照らしたまま…
忘れることなんか出来ないよ
思いだすいつかの夏を
君が離れてしまわぬ様に
人波に流されてしまわない様に
繋いだ手の温もりが消えてしまわない様に…

Yozora ni saita ichirin no hana wa
ima demo futari o terashita mama…
wasureru koto nanka dekinai yo
omoidasu itsuka no natsu o
kimi ga hanarete shimawanu yō ni
hitonami ni nagasa rete shimawanai yō ni
tsunaida te no nukumori ga kiete shimawanai yō ni…

どんなに辛くても 超えられた
信じてくれる君がいたから
優しく 強く 愛されたこと
感じている 今でも…

don’nani tsurakute mo koe rareta
shinjite kureru kimi ga itakara
yasashiku tsuyoku aisa reta koto
kanjite iru ima demo…

叶わぬ願いとわかっても
夢でもいいから君に逢いたい

kanawanu negai to wakatte mo
yume demo ii kara kimi ni aitai

夜空が運ぶ風のにおい
消えても見つめてた
落ちる光を一人
追いかけてたどこまでも
いつでも夢中になって君だけを

yozora ga hakobu kaze no ni oi
kiete mo mitsumeteta
ochiru hikari o hitori
oikake teta doko made mo
itsu demo muchū ni natte kimi dake o

戸惑いもせず時間はただ流れて
戸惑いながら二人は離れて
気付かぬうちに一人でいることに慣れてしまって
夏の夜空は凄く眩しくて
過ぎた季節はとてもはかなくて
思い出はいつまでも輝いて

Tomadoi mo sezu toki wa tada nagarete
tomadoinagara futari wa hanarete
kizukanu uchi ni hitori de iru koto ni narete shimatte
natsu no yozora wa sugoku mabushikute
sugita kisetsu wa totemo hakanakute
omoide wa itsu made mo kagayaite

でも思いだすとただ切なくて
例えば今時を戻せたなら
過ぎた時間を取り戻せるなら
『君がいれば何もいらない』と願った
夜空に花火が咲いてた…

demo omoi dasuto tada setsunakute
tatoeba imadoki o modosetanara
sugita jikan o torimodoserunara
“kimi ga ireba nani mo iranai” to negatta
yozora ni hanabi ga sai teta…

この宿命(ほし)にうまれて君と出会って
まるで運命みたいに恋におちた
何度もキスをして
壊れるほど抱き合って
永遠を誓ったあの日

kono hoshi ni umarete kimi to deatte
marude unmei mitai ni koi ni ochita
nan-do mo kisu o shite
kowareru hodo dakiatte
eien o chikatta ano hi

同じ空 もし君が 見てるなら
遠く離れていても 繋がる
伝えたい想い 抱えたままで
どこへも行けないから

onaji sora moshi kimi ga mi terunara
tōku hanarete ite mo tsunagaru
tsutaetai omoi kakaeta mama de
doko e mo ikenaikara

伝えたい想い 抱えたままで
花火を 見上げていた

tsutaetai omoi kakaeta mama de
hanabi o miagete ita

Share this:

 
Copyright © Anime Lovers. Designed by KINGRPG